作るプロフェッショナル|整体師として働きたいなら知っておきたいこと|資格についての知識
女の人

整体師として働きたいなら知っておきたいこと|資格についての知識

作るプロフェッショナル

歯医者

歯科医院に行くと、ほとんどの場合わたしたちが合うのは歯科医と歯科衛生士、そして受付にいる医療事務の方です。歯科治療は大きく分けて3種類の職種が連携して行っており、歯科医、歯科衛生士、そして歯科技工士です。歯科医と歯科衛生士は患者さんと直接会って治療やケアを行いますが、歯科技工士はそれをサポートするためのものを作る仕事をしています。歯科技工士は国家資格で、国家試験の受験資格を得るためには指定された大学や短大、専門学校などの養成施設で勉強する必要があります。最短で歯科技工士の国家資格を取得するためには、高校を卒業後に専門学校や短大の2年制のコースを卒業することです。これにより国家試験の受験資格を得られます。

歯科技工士は、わたしたちが歯科医院に行っても会うことはほとんどありません。大きな歯科医院であれば歯科技工士が常駐しているところもありますが、ほとんどの場合は歯科技工所と呼ばれるところに勤めています。また、中には独立して開業する方もいらっしゃいます。歯科技工所は、歯科技工士の国家資格を取得した後にほとんどの方が就職する場所です。病院や歯科医院から歯科技工所に注文があるので、それを作成して納品するというのが主な流れになります。作成するものは、入れ歯や差し歯、義歯、マウスピースなど、非常に多岐に渡ります。患者さんと直接接する機会は多くありませんが、多くの方の歯の健康を守るための重要な役割を担っています。