人気がある医療事務の仕事|整体師として働きたいなら知っておきたいこと|資格についての知識
女の人

整体師として働きたいなら知っておきたいこと|資格についての知識

人気がある医療事務の仕事

女の人

医師の負担を軽減する役割

近年、多くの病院やクリニックなどで医師事務作業補助者を導入するところが増えています。医師事務作業補助とは、医師の代わりに横でカルテの作成を行ったり、診断書や紹介状の作成を行うことをいいます。医師に対する負担を少しでも減らし、診療行為をスムーズに進める役割を果たしています。医師事務作業補助の呼び方はほかにも医療秘書や医療クラークと呼ばれる場合もあります。しかし、医師事務作業補助として仕事をする上で気をつけなければいけない点があります。まず、看護師など医師以外の指示の業務は行ってはいけません。看護師業務の補助も禁止されています。また、同じ職種の医療事務としての受付や診療報酬の作成、請求も医師事務作業補助の仕事と並行して出来ないので注意しましょう。

資格取得

医師事務作業補助は医療機関の求人によっては資格がなくても大丈夫なところもあります。それは、配属された際には必ず医療機関での6ヶ月間の研修期間が必要とされているからです。研修では、医師事務作業補助者としての業務に必要な知識を32時間以上の基礎研修で身につけることが定められています。また、医師事務作業補助は民間の資格もあります。試験内容は、医師事務作業補助で必要な基礎知識を選択肢方式で答える筆記試験と医療文書作成を記述式で行う筆記試験の2つです。2つの試験でそれぞれ70パーセント以上の正解率が合格の基準となります。この資格を取得すると、ドクターズクラークの称号が与えられるので、今後就職する際において資格がない人よりも有利なのです。この試験に合格するためには、専門知識を勉強しなければなりません。近年では、この試験対策の一つとして、通信講座で学ぶ人が多くなっています。専用の講義ライブDVDやテキストを使って効率よく勉強することができるので、真面目に取り組めば合格率は飛躍的に上がると言えるでしょう。この通信講座は、インターネットから手軽に申し込むことができます。